平成26年度柏サイエンスキャンプ

FrontPage

平成26年度柏サイエンスキャンプ
プログラム番号 05
水素社会を予測する
教員:奥田洋司教授、橋本学講師(新領域創成科学研究科人間環境学専攻)


連絡事項

コメントはありません。 平成26年度柏サイエンスキャンプ/Comments?

お名前:

講義概要

講義内容

CO2排出を抑制しつつ水素エネルギーを基軸とする持続可能な社会を実現するためには何が必要か?」という課題を考えてゆくなかで、研究者に求められる広いスペクトルの視野を養うことを目的とする。具体的な内容は(1) 燃料電池車をはじめとする新技術の普及過程について、マルチエージェント・シミュレーションを実施する。 (2) 水素の製造・輸送・貯蔵・利用などさまざまな段階での技術開発課題、ひと・社会情勢・環境に付随する価値観を取り込んだ技術革新政策、に関する文献・データ調査を実施する。 (3) これら成果をとりまとめ、50年後の水素社会の実現性について議論する。

予定

  • 2月17日(火)
    1. 問題意識:水素社会の構築に向かって
  • 2月18日(水)
    1. マルチエージェント・シミュレーションの基礎
    2. 技術普及過程シミュレーションの実行・簡単な改造
    3. 目標設定
  • 2月19日(木)
    1. 収集データに基づくエージェント・モデリング
    2. 水素社会、燃料電池車に関する調査
    3. 技術普及過程シミュレーションの改造
  • 2月20日(金)
    1. スライド作成・発表練習
    2. 成果発表会

MADSに関する情報ページ(重要)

注意

  • メールおよびWEBでの連絡に注意してください

プログラミング入門

講義資料

参考資料

ユーティリティ

レポートの書き方、送信について

連絡先

新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 マルチシナリオシミュレーション環境学分野
工学部システム創成学科 シミュレーション・数理社会デザインコース
奥田洋司
mail: okuda[at]k.u-tokyo.ac.jp
TA: 相良
mail: sagara[at]multi.k.u-tokyo.ac.jp

[at]を@に変えてください


添付ファイル: filemanual1.doc 402件 [詳細] filejpnIncome.zip 149件 [詳細] fileintroduction.pptx 658件 [詳細] file3.ppt 582件 [詳細] file2.ppt 431件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-19 (木) 11:20:46 (1875d)