「FrontISTR研究会」の趣旨

FrontISTR(フロントアイスター)は、WindowsやLinuxのPCクラスタはもとより京などの超並列スパコンにも対応可能なオープンソースの構造解析ソルバーです。 平成24年度末に研究開発プロジェクト(※)は区切りを迎えますが、引き続きFrontISTRシステム(プリ・ポストREVOCAP_PrePostを含む)の利用促進、産業応用、ソフトウェア資産や解析データの維持管理、機能改良、等を目的に、標記名称のユーザー会を発足する運びとなりました。

本ユーザー会は、東京大学奥田研究室(新領域創成科学研究科人間環境学専攻)および日本計算工学会グリーンCAE研究分科会の主催により、研究会開催とWEB運営を実施します。

(※)文部科学省次世代IT基盤構築のための研究開発「イノベーション基盤シミュレーションソフトウェアの研究開発」における1つのテーマである「大規模アセンブリ構造対応構造解析ソルバーの研究開発」プロジェクト

「日本計算工学会グリーンCAE研究分科会」の趣旨

日本計算工学会では、これからのものづくりにおける計算工学活用の新たな視点に立って、「ものづくりのための計算工学」研究会を上位としてその中に以下の3つの研究分科会を配置して、講習会等も含め活動を推進しています。


  • HQC(High Quality Computing)研究分科会
  • 1D-CAE研究分科会
  • GreenCAE研究分科会

GreenCAE研究分科会では、公的資金等で開発されたオープンソースコードが普及に至らず開発者も去り塩漬け状態の「ソルトウェア」にならぬよう、WEBを各種「ソフトウェア」、「モデルデータ」、「知識」へのハブとして機能させることで持続性を有するCAE支援環境を提供することを目的にしています。 活動の中心はデータリザーバの充実化であり、具体的には、以下のような項目のデータを対象とします。


  • 形状CADモデル - STL/IGES/STEPなど、STL2STEP
  • メッシュ - 境界条件を含め指定のデータフォーマット
  • マトリックス - MATLAB形式/COO/CSRなど、出自、条件数、非ゼロプロファイル
  • V&Vベンチマーク - コード開発用チェック例題/CAE例題など
  • 社会シミュレーションベンチマーク - MA系/システムモデル/など
  • 可視化用データ
  • CAEノウハウ集

お問い合わせ

FrontISTR研究会 事務局
(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 奥田・橋本研究室 (気付))

  • fstr_seminar [あっとマーク] multi.k.u-tokyo.ac.jp