第20回FrontISTR研究会
<PCクラスタを用いたFrontISTRの並列計算ハンズオン/FrontISTRを組み込んだオールインワンCAEシステムのデモ>


今回は、並列有限要素解析の解説およびPCクラスタを用いた並列構造解析のハンズオンです。 WinPCを持参できる方を対象にしています。 内容は、第4回や第14回とほぼ同様で、UNIXのコマンド処理を中心としたFrontISTRの並列実行、並列計算による加速効果の確認などを実習します。 セミナーはいつもと違い、午前10時から開始し、午後5時に終了します (途中でお昼の休憩を入れます)。 セミナー後は、解析条件設定、並列構造解析、可視化といった一連のCAEプロセスを実行する技術を身につけることができます。 また、前回 (第19回) でご紹介いただいたFrontISTRを組み込んだオールインワンCAEシステムのデモも行います。 ハンズオンを含むため人数が限られておりますが、皆様奮ってご参加願います。

日時:2015年7月28日(火)10時~17時
場所:東京大学 柏キャンパス(千葉県柏市柏の葉5-1-5)環境棟 2階253室(講義室2)

主催:FrontISTR研究会
共催:東京大学革新的シミュレーション研究センター(CISS)
協力:日本計算工学会ベンチマークデータ共有研究会

参加費:無料
参加定員:10名程度 (WinPCの持参をお願いします)





s_pencil1_g 参加申込 こちら

参加申込の際にはユーザーIDが必要です。 まだユーザーIDを取得されていない方は、予めユーザーIDを取得して下さい。そのあとに、参加申込をお願いします。

s_pencil1_g ユーザーIDの取得 こちら





注意事項

  • 1台のWinPCを2~3名で共有してハンズオンに参加される場合は、代表者が参加登録してください(「通信欄」に他の参加者のお名前をお書きください)。
  • WinPCは必ずウィルス対策をしておいて下さい。
  • 今回のセミナーでは、UNIXに関する基本的なコマンド、(viなどの)エディタを概ねご存じのものとして解説します。
  • 入力データと解析結果の確認のためにプレポストシステムREVOCAP_PrePostを利用します。
    ただし、データ作成やREVOCAP_PrePostの操作方法についての実習は行いません。
    REVOCAP_PrePostの操作方法については第14回FrontISTR研究会のページをご参照下さい。
  • 各自のWinPCに、前もって、REVOCAP_PrePost、ターミナルソフト、ファイル転送ソフトをインストールし、稼働確認をお願いします。
    <REVOCAP_PrePostのインストールと起動確認>
    データリザバーの「最新版FrontISTRおよびREVOCAP_PrePost」のページ (こちら (ユーザーIDの入力が必要です) ) から
     64bitのPCを使用している方:「REVOCAP_PrePost(Installer64bit)-1.6.08(130928) 64bit版REVOCAP_PrePostインストールキット」
     32bitのPCを使用している方:「REVOCAP_PrePost(Installer32bit)-1.6.08(130928) 32bit版REVOCAP_PrePostインストールキット」
    をダウンロードし、インストールしてください。
    インストールすると、複数の起動アイコンができますが、セミナーで使用するのは
     64bitのPCを使用している方:REVOCAP_PrePost64_FISTR
     32bitのPCを使用している方:REVOCAP_PrePost_FISTR
    です。
    これが起動できることもご確認ください。
    <Puttyのインストールと起動確認>
    計算機のログインに使用するターミナルソフトです。
    PuTTY ごった煮版のダウンロードはこちらから
    これが起動できることも確認しておいてください。
    <WinSCPのインストールと起動確認>
    ファイル転送に使用するソフトです。
    WinSCPのダウンロードはこちらから
    これが起動できることもご確認ください。
  • インストールに関するご質問がございましたら、FrontISTR研究会事務局 fstr_seminar [あっとマーク] multi.k.u-tokyo.ac.jpへご連絡ください。





プログラム

  • 10:00 開会挨拶
  • 10:05 連絡事項
    • スピーカーより(WEB、本日のスケジュール、研究会の趣旨、関連アクティビテイ紹介)
  • 10:15-10:45 準備
    • 本日の計算機環境の説明
    • LAN環境への接続確認
    • REVOCAP_PrePostの稼働確認
    • 計算サーバ(tc)へのログイン
    • サンプルデータの取得
    • ファイル転送ソフトの稼働確認
  • 10:45-11:15 はじめてのFrontISTR
    • 一連の実行の流れ
    • 入出力ファイル
    • 逐次解析と並列解析
    • 本日のハンズオンで使用する各種データの配布
  • 11:15-11:45 FrontISTRのインストール
    • インストールに必要なファイルの確認
    • インストール手順の説明
  • 11:45-12:00 質疑
    (昼食休憩)
  • 14:00-14:30 小規模サンプルデータの逐次実行
    • REVOCAP_PrePostによるデータ確認
    • tcへのデータ転送(FrontISTR入力データ、実行シェルスクリプト、など)
    • 全体制御データ、実行シェルの確認
    • 逐次解析
    • 端末クライアントへの解析結果データ転送
    • REVOCAP_PrePostによるデータ確認
  • 14:30-15:00 小規模サンプルデータの領域分割と並列実行
    • mpirun, machinefile
    • 作業ディレクトリの確認
    • 全体制御データ、領域分割のための制御データ、実行シェルの確認
    • パーティショニング
    • 並列解析
    • REVOCAP_PrePostによるデータ確認
  • 15:00-16:00 中規模サンプルデータ(drill)の並列実行、加速率の計測
    • REVOCAP_PrePostによるデータ確認
    • さまざまな領域数(=コア数)による並列解析
    • 仕事率、並列化率、加速率、並列化効率の評価
  • 16:00-16:30 FrontISTRを組み込んだオールインワンCAEシステムのデモ
    • 生野達大 (東京大学)
    • EasyISTRのインストールと実行
    • 例題:梁の曲げ変形
  • 16:30-16:50 質疑
  • 16:50 今後のFrontISTR研究会のご案内、など
    終了予定 17:00


お問い合わせ

FrontISTR研究会 事務局
(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 奥田・橋本研究室 (気付))

  • fstr_seminar [あっとマーク] multi.k.u-tokyo.ac.jp