第19回FrontISTR研究会
<FrontISTRを組み込んだオールインワンCAEシステムの紹介/FrontISTRプログラムのカスタマイズの解説>

今回の研究会は、(1) FrontISTRを組み込んだオールインワンCAEシステムの紹介、(2) FrontISTRプログラムのカスタマイズの解説の二部から構成されています。 第一部では、ユーザー事例紹介として、FrontISTRを組み込んだオールインワンCAEシステム「DEXCS-RDstr」を紹介していただきます。 SALOMEによるメッシュ作成、支援ツールEasyISTRによるデータ変換・解析条件設定、FrontISTRによる構造解析、ParaViewによる結果の可視化をオールインワンに行えるシステムです。そして、第二部では、機能・例題・定式化・プログラム解説として、 超弾性体のu/p定式化に触れながら、FrontISTRプログラムのカスタマイズ方法を解説いたします。研究紹介として、モデル表示機能や可視化機能が向上したクラウドCAEシステム「Cistr」の開発状況についても紹介いたします。皆様奮ってご参加願います。

日時:2015年6月2日(火)14時~17時30分
場所:東京大学生産技術研究所(駒場第IIキャンパス) As棟 303・304 (中セミナー室3)

主催:FrontISTR研究会
共催:東京大学革新的シミュレーション研究センター(CISS)
協力:日本計算工学会GreenCAE研究会

研究会参加費:無料

s_pencil1_g 参加申込 こちら

お願い
参加申込の際にはユーザーIDが必要です。まだユーザーIDを取得されていない方は、
予めユーザーIDを取得して下さい。そのあとに、参加申込をお願いします。
s_pencil1_g ユーザーIDの取得 こちら

プログラム

  • 14:00-14:10 開会
    • 開会挨拶
    • 今年度のFrontISTR研究会の予定について
    • WEB紹介、ユーザーID登録案内
    • ユーザーからの最近のやりとり情報のまとめ
    • 本日のスケジュール

  • 14:10-15:10 <ユーザー事例紹介編> FrontISTRを手軽に活用するためのAll-In-OneのCAEシステムDEXCS-RDstrのご紹介
    • 柴田良一(岐阜工業高等専門学校)、藤井成樹(元アンデン株式会社)
      【概要】 オールインワンのCAEシステムDEXCSファミリーのなかで、FrontISTRを組み込んだDEXCS2014-RDstrの構築を進めています。形状作成や境界条件などGUIで行う部分はSALOMEを用いて、解析設定は独自開発ツールeasyIstrを用いることで簡単にFrontISTRの設定と解析を実行し、結果をParaViewで確認することができます。

  • 15:10-16:00 <機能・例題・定式化・プログラム解説編> FrontISTRのカスタマイズ (Element追加およびユーザサブルーチン使用、第17回の続き)
    • 橋本学(東京大学)

  • 16:00-16:15 休憩

  • 16:15-17:00 <機能・例題・定式化・プログラム解説編> FrontISTRのカスタマイズ (Material追加)、超弾性体のu/p定式化
    • 橋本学(東京大学)

  • 17:00-17:20 <研究紹介> クラウドCAEシステム「Cistr」の開発経過報告 (第6報) ~WebGLによる3Dモデル表示の実装・可視化機能の向上~
    • 井原遊(東京大学奥田研院生)、橋本学 (東京大学) 、奥田洋司 (東京大学)

  • 17:20-17:30 閉会
    • 第20回のご案内
    • 閉会挨拶


お問い合わせ

FrontISTR研究会 事務局
(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 奥田・橋本研究室 (気付))

  • fstr_seminar [あっとマーク] multi.k.u-tokyo.ac.jp